水榭(水辺のあずまや)舞台

水榭(水辺のあずまや)舞台

 明の時代の万歴年間(1573年~1620年)に建てられ、元々は「鄭」という苗字の人の住宅であったが、清の時代の道光年間(1821年~1850年)に、孫翼謀家族のものになった。三つの建築はつながっており、メイン建物は前後の奥行きが三進(進:伝統的中国家屋で、邸内に複数列の建物がある場合、その一列を'一進 'と言う)で、総面積が2,377平米である。客間の中に池の上で建てられた舞台があり、面積が30平米である。福州地域では今までこの一箇所しか残されていない。2006年に第六回全国重点文物保護単位と指定された。