劉家大院(大院は多くの住民が暮らす密集地域のこと)

     劉家大院は西から東へと四つの建物が並んでおり、総面積が4,532平米であり、福州市地域内で一番広い住宅である。元々は清の時代の初めの有名な画家である許友の旧居「米友堂」と清の時代の康熙年間の進士(科挙の殿試に合格した者に与えられた資格)、内閣中書である林佶の旧居「朴学」であった。嘉慶年間(1796年~1820年)に劉照に購入された。清の末民国の初めに、七人の子孫に修繕された。民国25年(1937年)に愛国詩人である郁達夫はここに泊まったことがあり、有名な作家である董秋芳、楊騒は時々訪問に来た。

 2005年に福建省第六回文物保護単位と指定された。